比較で選ぶ!小学校受験教室情報サイト

top > 小学校受験を子どもにさせる際のポイント > 小学校受験、どの学校を選ぶべきか迷ったら

小学校受験、どの学校を選ぶべきか迷ったら

小学校受験に挑むのは、まだ幼い子どもとその家族です。
高校受験や大学受験であれば、子ども自身が「行きたい学校」を決め、それが合格へのモチベーションとなるでしょう。
しかし小学校受験の場合は、学校を選ぶ役割は親が担うことになります。
子どもにとってより良い環境を、と願う気持ちはあっても、「では具体的にどこが良いのか」までは、考えが至らないケースもあるでしょう。
こうしたときには、まず受験対象の小学校について、インターネットで検索してみましょう。
学校のホームページには、その特色や教育理念などがしっかりと書き込まれています。
設備やシステムについても、情報を集めることができるはずです。
それでも情報が足りないという場合は、小学校受験の準備をするための塾の先生にアドバイスを求めるのがオススメです。
多くの経験から、それぞれの小学校の特色を教えてくれるはずです。



小学校受験では家族の協力が必須だからこそ

小学校受験では、その後6年間を過ごす場所を決定することになります。
つい必死になりすぎてしまう方も少なくありません。
特に受験する子どもの「母親」の中には、受験突破のためにのめりこみ過ぎてしまう方もいるでしょう。
しかしこうした家庭では、母親が受験にのめり込めばのめり込むほど、父親の意識が薄れてしまうということも考えられます。
小学校受験突破のために重要なのは、家族みんなが一致団結して、子どもをサポートする姿勢を見せるということです。
母親だけが力んでいるような状態では、残念ながらプラスの印象にはならないでしょう。
こうした事態を避けるためには、受験シーズンが本格化する前に、夫婦でよく話し合うことが重要です。
もちろん子ども本人の意見も取り入れてください。
家族みんなが納得して受験に挑むことこそが、合格への鍵となります。



小学校受験と子供のやる気に注目です

親が一生懸命頑張っても、子供が小学校受験のやる気を維持できないと、なかなか勉強を進めていけない場合があります。
子供に興味を持ってもらうことも大切ですし、目標を持って子供が勉強をすることができるように、いろんな経験をして、小学校で頑張りたいことなどを見つけられることも大切です。
習い事だけではなく、親も勉強のサポートをすることも大事なことですし、自宅でコツコツと学んだり、面接などの練習もするなど、家族で協力し合っていくことも重要になります。
勉強ばかりをするよりも、子供が疲れを溜め込まないようにするために、休日に家族で遊ぶ時間を作るなど、子供の心のケアも必要です。
勉強を頑張るだけではなく、子供の話もしっかりと聞けるように、相談しやすい環境を作っていき、子供がストレスを溜めこまないように注意しながら、コツコツと勉強できるようにすることをおすすめします。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る