比較で選ぶ!小学校受験教室情報サイト

top > 小学校受験を子どもにさせる際のポイント > 小学校受験で私立小学校を目指す理由とは

小学校受験で私立小学校を目指す理由とは

 小学校受験の目標となる私立小学校は公立と照らし合わせると幅広い、ハイレベルな教育を供している学校が非常に多いというメリットであるといえます。公立に関しましては、画一的な教育、横並びが供される一方で、それぞれの子どもに関しての柔軟性に応じてないと指摘されています。柔軟性のある教育がし難い、子どもが自由闊達に学習できないことが考えられます。教師のクォリティーの高さは、高い水準の教育へ子供達を招き入れる力があります。公立小学校の教師に関しては公務員なので、一生懸命な教師もいる一方で、そうではない教師が数多くいる実態があります。教育のクオリティを高める努力などは私立の取り組みと照らし合わせると非常に低いといえます。
 お子さんを長期にわたり学校に委ねるというわけですから、可能な限り、子供を人格的にも学力的にも育んでくれる教師が多くいる私立小学校は魅力といえます。


 小学校受験では複数受検複数合格を目指す

 高校受験をするとき、それほど多くの学校は受験できません。公立は1校、私立も1校しか選べないことが多いです。それぞれ受験日が同じになっているためです。大学などなら受験日がずれているので、いろいろな学校に受験して合格を得ることも可能です。小学校受験は私立大学と同じようになっています。各学校は受験日が異なります。ですから、一人でいくつもの学校に受験が可能です。優秀な子供、きちんと対策を取っている家庭ではどんどん合格を得ていきます。
 その反面、一つも合格を得られない家庭もあります。複数合格する場合は、そのすべてに進学できるわけではありません。その中から実際に通学する学校を選択します。一つ以外は辞退をします。各学校では、辞退者を考慮しながら合格者を出しています。目標としては、複数の学校に合格してその中から選べるようにすることでしょう。


 小学校受験をするメリットに関して

 教育を受ける上で大切なことは、長期的なスパンで物事を捉えることではないでしょうか。大学受験から逆算をして、子どもにとって何がベストかを考えるのが親御さんの責務ではないでしょうか。そんなことを総合的に判断すると、小学校受験をするのが有効と言えるのではないでしょうか。小学校受験はひとすじ縄には行かないことも多いですし、親子で力を合わせて難局を突破することが大切です。
 多くの小学校が高校までエスカレーター式ですし、勉強やスポーツ面でもアドバンテージは大きいのではないでしょうか。小学校受験専門の塾もありますし、そこでは親としての心構えも教えてくれるはずです。合格を果たした暁には、親子間の絆も深まるのではないでしょうか。仮に不合格だったとしても、次のステップで経験が生きるはずです。目標や夢に向かうことが、価値のあることではないでしょうか。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る