比較で選ぶ!小学校受験教室情報サイト

top > 小学校受験を子どもにさせる際のポイント > 小学校受験をするのに必要な準備とは

小学校受験をするのに必要な準備とは

近年、都会を中心に、小学校受験をする家族も増えてきています。
幼い頃からより良い学習環境を整えてあげることは、きっと子供の将来にも良い影響を与えてくれるはずです。
中学校受験を考えるくらいなら、という理由で、小学校を受験するケースもあるでしょう。
もちろん受験だけなら、願書さえ出せば誰でも挑戦することが可能です。
しかし「合格」を目指そうとするなら、やはりそれなりの準備が必要となります。
受験に合格した方のお話を聞いてみると、受験時期の約1年前、つまり幼稚園の年中暮らすの秋ごろから、小学校受験に向けた準備をスタートするケースが多いようです。
具体的には専門の塾に通ったり、様々な習い事を通じて経験を積ませたりすることになります。
もちろん基礎的な学力も必要とされます。
受験する本人は、まだ幼い子どもです。
無理のないペースで準備を進めていくためにも、早めに行動を開始すると良いでしょう。



わざわざ小学校受験をするメリットとは

日本では、小学校教育は義務教育とされています。
どの子も6歳になれば公立小学校へと入学できるよう、システムが整っています。
わざわざ小学校受験などしなくても良いはずなのですが、積極的に受験に取り組むご家庭も存在しています。
あえて小学校受験をするメリットとは、いったいどこにあるのでしょうか。
小学校受験をする際には、当然のことながら、自分たち家族が通いたい学校を選ぶことができます。
私立の小学校には、それぞれ独自の理念があり、それに則った教育方針を掲げています。
小学校生活の6年間は、非常に長く重要な時期です。
この時期を、一貫した教育理念の下で過ごすことは、将来的にもプラスの経験になるはずです。
公立小学校の場合は、住んでいる地域で通う学校が割り当てられるケースがほとんどです。
良い学校もあればそうではない学校もあるのが、現実だと言えます。
わざわざ受験をすることで、「通う学校を選べる」という点は、受験における確かなメリットと言えるでしょう。



共働きでも小学校受験は可能なのか

近年の不安定な社会情勢の中で、家計を安定させるために共働きを選択するご家庭も増加しています。
しかし小学校受験を目指すとなると、気になる噂が耳に入ることもあるでしょう。
「共働き家庭の子どもは、受験で不利になる」という噂です。
この情報は、本当のことなのでしょうか。
現在、どの小学校においても、「共働きだから入学させない」という規則はありません。
共働きではなく、シングルで子育てをしているケースも同じです。
とはいえ、私立小学校において、親のサポート力が重視されているのは本当のことです。
両親だけで力が及ばないときには、祖父母を含め、万全のサポート体勢が整っていることをアピールすると良いでしょう。
また小学校受験を突破するためには、受験勉強をする必要があります。
このときも親のサポートは不可欠となります。
忙しい中でも、できる限り子どもと過ごせる時間を増やすよう、意識してみてください。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る