比較で選ぶ!小学校受験教室情報サイト

top > 小学校受験を子どもにさせる際のポイント > 現在の小学校受験をさえる学校の選び方

現在の小学校受験をさえる学校の選び方

子供の学力低下や不登校、学級崩壊などの問題から子供に良い教育を早いうちから受けさせたいという意識から小学校受験について注目されていました。
ところが少子化や不景気から落ち着きをみせています。
今後の展開として、学校選びには安心・安全・地元というポイントが高まる傾向となっています。
天災からの学校の危機管理や耐震設計、自宅や親の職場からのアクセスなどが問われるようになっています。
共働きの家庭が増えて、放課後子どもの世話が社会的な課題となっています。
放課後の子供の受け皿として学童保育だけでなく民間のアフタースクールなどが増えていますが、アフタースクールの場として私立学校が進出してきています。
通う学校でそのまま放課後の時間を子供が過ごすことができます。
またそのまま学校で時間を過ごせるということは安心で安全ということからも親御さん側へのアピールポイントとなります。



小学校受験で一番重要なのは塾選び

小学校受験は、大学受験と比較しても難しいものとなるかもしれません。
何しろ過去問を手に入れることすら容易ではありませんし、面接など正解がはっきり分からない部分のウエイトも高くなります。
何の準備もしていなければ、合格をするのは難しいでしょう。
多くの家庭が、幼児教室や塾を利用して、小学校受験の準備を進めています。
有名小学校に数多くの合格者を輩出している幼児教室や塾の力を借りれば、多少は合格に近づくことができるでしょう。
小学校受験コースを用意している塾は多いですから、まずは塾選びから始めるのが一般的です。
合格実績をしっかりとチェックして、きちんと対策をしてくれる塾に子どもを預けるのがベストです。
志望校が明確に決まっているなら、その志望校の受験対策をしてくれる塾かどうかで選べるので、迷うことも少なくなります。



学校選びも小学校受験において重要である

自分の子どもをどの小学校に通わせるのかに関して考えることも小学校受験においては大切なことだと言えます。
同じように受験を実施していても、学校ごとに有している特徴が違っています。
例を出して言うと、男女別学であったり、宗教に関わりがあったりするなど様々です。
学校が持っている特徴を理解した上で、受験する小学校を選ぶようにすることが重要になってきます。
そのためにはガイダンスのようなイベントに参加するのが有効な手段だと思われます。
学校のことを知って、相性がぴったりだと思われる小学校を選ぶようにします。
言うまでもなく、子供が学校に通うのに差し支えがない学校を選択することも重要です。
受験対策を行うことも大切ですが、受験を課している学校に通わせるつもりでいるのならば、学校選びにも意識することも欠かせないと思われます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る